Posted by at

2010年07月07日

危機的状況脱出



お袋さんの病室であります。 6月末に容体が急変し救急車にて搬送され楽観していましたが、担当医から出た言葉は『会わせられる人に声を掛けて下さい』・・・・。 覚悟を決めて人工心肺の判を押しました。29日は小便も止まり、もはやこれまでと諦めてましたが昼過ぎから出始め一昨日には意識も回復いたしました!

関係者の皆さんには大変なご心配をお掛けいたしましたが今の調子が続くと来週初めには心肺装置から脱出出来そうであります(笑) 持病持ちの母ですから今後もいつ何時急変するか分かりませんがセンシティブな時期に大事にならず安堵しているのが正直な気持ちかもしれません。
長男として時間ある限り見守っていきたいと思います。 御心配頂いた皆さま・・・ありがとうございました。  


Posted by きゃべ at 09:03Comments(11)