Posted by at

2010年05月28日

新聞より



JAみな穂青壮年部あさひ支部が主体となった田んぼアートの田植えが22日、朝日町舟川新のチュリスト山崎の水田であった。
チュリスト山崎代表の山崎修二さんが数年前から企画。今年は日本古来の稲作の大切さを全国にアピールしようと月のうさぎと守ろうみずほの文字を描いた。構図は美術デザイナーの市田喜一氏に依頼した。
田植えには、県立入善高校と県立中央農業高校の生徒6人も参加。青壮年部員と合わせた約40人が担当に分かれて設計図を片手にコシヒカリや武蔵野紫、西海観246号、濃紫稲をそれぞれ植えた。

と・・・今日ようやく記事になりました。 ちっちぇーけどね(爆)
今回は立体的になる予定だそうです。  楽しみです!  


Posted by きゃべ at 09:11Comments(8)