Posted by at

2009年10月25日

海外視察・シカゴ

今日は全農役員海外視察研修報告最終版です。

アメリカ本土と言うよりもUSA自体が初めてだったんですが、日本でさえ南北の違いがあるようにアメリカでは自国で時差が生じているのはご存知かと・・・・。 気温差も日本など比べ物にならない位のものですし・・・自分的には国民性というか食生活から文化に至るまで違いが感じられました。 今回お邪魔した都市のニューヨーク・オーランド・タンパ・ニューオリンズ等と比べて人々は細くスマートになり街並みも綺麗になったのが最後の訪問地シカゴであります。

シカゴの建造物は著名的なものが多く、そのため世界各国から視察に来るらしく東京の銀座のようなネオンは一切ありませんし看板も規制されております。 気候も暑苦しくなく過ごし易い環境かと思いますし、歩いている女性たちも暑苦しさが此方へ来てから一掃されました。




ラサール通りの起点に存在しビルの頂上にはローマ神話の中の穀物と収穫の女神であるケレスの像が立っております。
取引所自体は5階~7階・・・?だっけ・・・・汗・・・位置しておりスタジアムみたいに2面グルっと壮大に展開されていましたが、下は紙切れで競馬場を彷彿させられました。 ここで世界のあらゆる商品が取り引きされ価格形成されているわけです。

専門知識は続きで!  続きを読む


Posted by きゃべ at 09:45Comments(7)